スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能を出す方法

※転載です
●食で放射能をなるべく放出する方法。

過去の広島や長崎の前例から。
砂糖類摂らない。 水分控える。 塩を努めて摂る。 海藻、味噌、玄米。 玄米にすり黒胡麻塩。
放射能は体を冷やす極陰性、自然治癒力が働く温める陽性の食を、そして放射能を排出する働きの食を
できるだけ努めて摂る。

●放射線を防ぐ食品をお探しの貴方へ  
~福島の方は今すぐ召し上がってください~

「ヨウ素をたくさん含む食品ベスト10」
乾燥昆布一切れ1枚1グラム
トロロ昆布大さじ販売1グラム
乾燥ワカメ5グラム&
いわし中2匹96グラム
さば1切れ100グラム
かつお1切れ100グラム&
焼き海苔10枚3グラム
ぶり1切れ80グラム
塩鮭1切れ60グラム
寒天1角の半分4グラム

●放射線を中和する食品をお探しの貴方へ
放射能は極陰性、焼き梅干、玄米、昆布、で中和されるようだ。広島原爆の時も知識ある人は焼き梅干で
中和したと文献で読んだ。砂糖、小麦粉、牛乳を飲まないようにする事で放射能被害の症状悪化は防げる
。しょっぱいもの、塩気のものを取ってください。

「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって
毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」
(秋月辰一郎著「死の同心円-長崎被爆医師の記録」講談社刊・絶版)

1945年長崎に原爆が投下され多数の方が放射能を浴びて亡くなられました。その中で
放射能による被害を免れた、爆心地から1km程度のところにあった聖フランシス病院内科部長であった
秋月博士の体験されたことが、下記URLで紹介されていますので、是非ご参照ください。
秋月先生のインタビュー

極陰とか、、、なんだそりゃ?と思われる方もあると思いますが、
これは古くから日本に伝わる食養生です。
これが海外に伝わり、マクロビオティックとなりました。
マドンナたちが行っていることでも有名です。
私はアトピーや、ステロイドの後遺症に悩んだとき、この食養生/哲学に出会いました。
今は、QOLを優先し、食べたいものを食べる、という生活スタイルをとっていますが、
疲れたときなどは、この考えを食に取り入れています。
でたらめ、と思うのも一つ。
こんな考えややり方もあるのだ、と柔軟に受け入れるのも一つだと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。