スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クム マイケル・キャノピン

マイケル・キャノピンはハワイのホノルルと、そしてつい最近からは日本の関西とに拠点を置く
ハワイのハーラウフラ・ケアラカパヴァの指導者・クムフラです。
彼は若手の評判の高いクムフラで、そのユニークなチャントの発声法、創造的な振り付け法、
また伝統的なフラの流れを汲んでいることでも知られています。


クムフラ、マイケル・キャノピンはハワイのホノルル出身で、19歳でフラを踊り始めました。
彼は、ダンサーとして、4人の尊敬すべきクムフラ、チンキー・マホエ、パラニ・カハラ、ロバート・カジメロ、
キモ・アラマ-ケアウラナに師事しました。

彼はダンサーとして、尊敬すべきクムフラの元で、メリーモナーク・フラ競技会、
キングカメハメハ・フラ・チャント競技会、
ワイメアフォールスパークのケ・アロヒ・シングルズ競技会、イア・オエ・エ・カ・ラー・フラ競技会 (於カリフォルニア)で踊りました。
またプロのダンサーとしてはロイヤルハワイアンホテルのマーリーン・サイ・ショーでも踊りました。


1989年にクムフラ、マイケル・キャノピンは彼の師匠である故パラニ・カハラから、彼のハーラウ名
「ケアラカパヴァ」を授かり、また伝統的なハワイの卒業儀式であるウニキ・フエレポによって、
フラを教えるための祝福を授かりました。

2001年には、フラ・マスターであるキモ・アラマ-ケアウラナの指導によるフラ・オラパ、フラ・アラアパパ、
フラ・パフに関する伝統的な課程の要件を修了し、再びハワイの伝統的な卒業儀式により、
ウニキの認証を授かりました。



ケアラカパヴァのハーラウは1990年に創立されました。何年もの間ケアラカパヴァはハワイ州及びカリフォリニ州
の様々なフラ競技会での受賞ハーラウとして成功を収めてきました。
1991年以来、ホノルルのキングカメハメハ・フラ競技会では参加の度に上位入賞を果たしてきています。
クイーン・リリウオカラ ニ・ケイキフラ競技会ではソロの入賞者も出しています。



ケアラカパヴァのクラスのカリキュラムは「フラ教育」から成っています。
それにはハワイの言語、歴史、芸術、ハワイ文化の技巧が含まれます。

今日まで、マイケルは祖先たちから受け継がれてきたフラの伝統を教え続けています。
彼はハワイの文化に付随するしきたりに忠実(オニパア)であることに確固たる信念を持っています。
ハワイの伝統、価値観、信条の大切さを気に留めてくださる幅広さを持った生徒を育成するお手伝いをする
ことが彼の使命です。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。