スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月のカード HULU

3月のカード
【HULU】

柔らかな色合いと緑にあふれた、とても春らしいカードです。
HULUとは、ハワイ語で羽のこと。
尊敬・尊重することととても強く結び付いています。


羽はふんわり、軽やかに宙を舞います。
そこにはあたかも重力が無いかのように。
こうして、いろんな境界線というものは錯覚である、ということを
教えてくれているのです。
それは、自らが勝手につくりあげた枷なのです。

今こそ、あなたの望みをかなえる時。
その枷を外し、鳥のごとく可能性の空を舞い、
自らを尊重して行動してみましょう。

願う人と行う人の違いは、
願う人が願っている間に行う人は行動するのです。
願うしか出来ないのだ・・・・という、自ら作り上げた枷を取り去る時は、今。
今、という時はこの一瞬だけなのです。

me ke aloha, a me ke ha’aha’a,
maka



***********************************************************************



今月も、マナカードアカデミーの週刊リーディングのお当番が廻ってまいりました。
こちらでは、少し深く踏み込んでリーディング出来ればいいなあ、とおもって
シェアしています。



フルは、確かに意識を高く、高く、拡く拡く、と言っています。
しかしそれだけでは足りないものがあります。
それが、グランディングです。

思い、願うだけというのはエレパイオという鳥になってしまいます。
'elepaioは、「'ono ka 'ia, 'ono ka 'ia」
「お魚おいしいなぁ、お魚って美味しいなあ、」
と鳴きます。
でも、エレパイオは虫を食べるのです。
ハワイアンはこの鳥を、
夢ばかり語って実行しない人にたとえます。


夢を実行に移すには、そのエネルギーが必要です。
そのために、しっかりとグランディングしている必要があるのです。
このHULUのカードにあるように、
しっかりと大地を踏みしめる、
そんな力が必要なのです。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。