スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、ちょっと体がおかしくなってきた、というか
以前から首~背中が痛かったのだけれど、他の所の調整などが
あったので、そこの痛みが残っていた感ありでした。
この暑さだし、京都の手前まではとてもいけないので、
西宮北口の施術日を予約することに。

予約を取ってから、昨日の自主練にて、足の裏がまた痛くなってきた。
ちょうど良かった、と一安心。


さて、施術。
ここは、以前からも言ってるけれど、ただ「施術」してもらうだけでなく、
自ら「気づく」「学ぶ」ようにしていただける。
私の腹直筋、えらいカチコチのようで、それを緩めるために横隔膜を
動かすトレーニングを教えていただいた。
むずかしい・・・・・
でもそれが背中の痛みに関連するというのなら、それもやむなし。
なぜ?と問うてみたけれど、「自分でかんがえてごらん。答えはとても
シンプル、だけれど聞くと、ああ!と思うから。」とのこと。
それとともに、改めて足の体重のかけかたを復習。
どうしてもフラのステップの関係上、内側に体重を乗せてしまいがち。
その結果のあの痛みとなるので、膝をまっすぐに、まっすぐに・・・・・
これは全ての人に当てはまるわけではなく、私の体の【癖】に応じて
調整するもの。
なので、私と逆の、体の使い方をしてる人がこれを真似たら逆効果です・・・

「「腰」を動かすの、「ここ」を動かそうと一生懸命だから、ここに緊張感があると
いわれるんじゃないかな。」
とも言ってくれました。
なるほどー。
だからかー。もともとの体型にプラスして、こういうことが起こってたのか。
ふむふむ・・・・・

でもって、「この「腹直筋」が緩むと、こういう風に動けるよ」
と言いながらデモンストレーション。
緩むことって、大事。
フラだけでなく、踊りだけでなく、全てにおいて。
問題はどうしたら緩めるか、なんだよね。うん。
とりあえずは、横隔膜、動かしてみるか(笑)

ホイケまで一月。
この期に及んで、体の調整をしようとしてる私って・・・・・
吉と出るか、凶と出るか。
大吉となってほしいな。


私は、体を使って表現したい。
だから、体をメンテナンスします。
体って、すごい素敵に反応してくれます。
今まで癖だと思っていたこと、生まれつきと思っていた形、
全然そんなことないことに気づかされます。
調整してもらった後は、なんというかパイプがまっすぐにつながる感じがします。
ホースが、どこも曲がらずに、いっぱい水が噴出す感じ。
そうすると、私の表現したいことも、内からまっすぐに出てくれるような
気がするのです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。