スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAHIKO****the soul of anscient Hawai'i

もともと、アウアナ(現代フラ)もカヒコ(古典)フラも大好きでしたが、
ここ最近、なんだか自分の感覚が変化してきています。
ん~、うまく言えないけれど。

このあいだのつかしんハワイアンフェスティバルで、あるカヒコを踊っている最中から、
何かのスイッチが入ったかのような、
そんな変な感覚です。
体から自然に声も大きく出てくる。
柔らかく、歌えそうな気持ちにもなってくる。
アウアナより、カヒコのほうが好きになったのが、一番驚き。
以前は「アウアナ、大好き!」という気負いがあったためか、
今のほうがリラックスして大胆に動ける気がする。
いやー、もしかしたらSIのお陰かもしれないけれど。
(Mahalo nui e Kan!!!)
あるいはあるいは、心と体の間にブロックしてたものが、またひとつ
取れた、のかもしれない。


ここ数日は、先週新しく習ったカヒコ2曲を、ICレコーダーを頼りに覚えて行きました。
それはもう、何かに憑かれてるかのように(爆)いつでもどこでも。
そのくらいやってこれだけか、とも思うのですが(苦笑)。
そうすると、単語がどんどん拾えて来ました。
それを繋げて、なんとはなしに文章になって、辞書で調べて感じてみて。
そうすると、ある程度は覚えることが出来ました。
文明の利器、ICレコーダーを使いはしましたが、かつてのハワイは
口承文化。こうやって、覚えていくことも勉強のひとつになるなあ、
なんて思いました。

聞こえるようになってくると、マナカードでなじみのある単語がたくさん
耳に飛び込んでくる。
面白い。

言葉って、文化って、本当に面白い。
言葉、情景、思いを伝える踊りって、本当にすごい。
もっともっと、体現できるようになりたい。
自分の感情とか、そんなものでなく、詩に描かれている感情や思い、
情景をそのまま体に落とし込んで表現したい。
言葉、リズム、音階、そのものになりたい。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。