スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラクチャラル インテグレーション(S.I.)4回目

昨日はSI(ストラクチャラル・インテグレーション)の4回目。
施術を受ける、というより、癖を直していただきながら、体の使い方を
学びなおす、といった感がある、このSI。よく「ロルフィング」とも
呼ばれますが、いわゆる「ロルファー」とは一線を画しているそう。

過去3回では主に、体の表層をゆるめ、整えていく作業。
3回目が終わったとき、今までフラで上がりにくかった左腰が、右と
同じようにあがりとてもカンゲキ!
今回は足の内側をメインに、とのことでした。


体と心、魂はひとつ。私にとって、これを強く感じることが出来るのはロミ。
そして、このSIもそう。
体を触ってもらうことによって、前回から浮き上がってきていた過去の傷、トラウマが浮き上がってきました。
そのことや、スノーボードでの恥骨骨折(!!!)のことなどを話しながら
どんどん施術は進みます。
*注
恥骨、といっても足の付け根の奥にある、微妙な位置の骨です。
念のため。


このSIでは、いろんなことに自分自身が「きづいて」行くことが出来ます。
それもとても面白い。
「普通」だろう、と流していたことが、体の癖を通して分かっていきます。

色んな理由があってこれを受けることにしたのだけれど、プラスαの変化が楽しい^^

今朝、鏡を見たら、内側に向いていた私のひざがまっすぐむいていた。
飛び出していた大転子が、骨盤に治まっていた。内腿に力をいれないと
くっつかなかった足が、足を揃えただけでくっついていた。

わーい。

私は結構なボディフェチであることにも気づきました。
フェチであることと努力することはイコールではなく、ただ美しい体つきが好き。
体に命が宿ってる、と感じる体がすき。
そうした体つきに、いまや自分が近づいていってることが嬉しい。
内に入っていた肩が(まだ入ってはいるが)大分綺麗になり、そこから
伸びる手が作る波、の動きは、きっと手先だけの表現以上のものがあると
信じている。
自分が出来る、出来ないの話では無く(出来るものならそうありたいが)
でも体で表現する、ってそうだと思う。
手、腰、胸、首、顔、足、をばらばらに認知するのじゃなく、全てが
繫がる感じ。

つくづく、表現したいのだなあ、と気づく。
自分が思うことを表現するために、伝える為に「うまく動かしたい」と
思う。
そういった意味で「上手に踊りたい」と思う。
下手は下手なりに、やっていこう。
だって、習っているのだもの、下手であたりまえ。
だけれど表現する方法を学んだりしてるのだから、それを恥ずかしがって
抑えていたって上達しはしない。
こういうところでも「自分の敵は、自分」なんだろうな。


ダンサーやアスリートが、この施術を好きな理由が分かる気がした。


ジョニー・ラム・ホーのハラウが、メリモナークのホイケで
なんと新幹線をモチーフにしたフラを踊ったそう。
見てみたい!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。