スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思うこと

20070117101838.jpg

伝統のなかの形式、というのには意味があります。

もちろん、形やしきたり、儀式、智恵としての伝統など、これらの言葉では
語りつくせない"伝統"もあると思います。
それらを守り継承することは非常に大切。
けれど、継承できずともそれらがある、と認識し、畏怖の念を抱くだけでも
良いのかな、とも感じます。




私は今、古典フラを習っています。

今は、
何がなんだか分からず、教えられるがままに手を動かし足を動かしています。
いつか意味が分かる日を期待して。



私は文化・伝統の継承者ではないけれど、
その国が大切にしている文化を、私も大切にしたいなと思う。
自国の文化に愛着を持つように。



伝統としての動きを学ぶとき、
私はその向こうにあることが知りたくなります。

その向こうでは、
その詩を理解し、心が動き、魂が動くのだろうな。
魂が動き、喜んだとき、"神さま"も喜ばれるのだろうな。

今は良く分からないし、この先分かるかどうかも分からないけれど
きっとそうなのだと思う。


神さまの世界と現実の世界が混在していた時代。
人は何を見て、何を感じていたのか。
ものすごくシンプルだった時代。






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。