スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

temple style lomilomi workshop @東大阪

今まで、スピリチュアルなものに興味もあり、また感じているので 
敢えてそれを中心に据えるのでなく
テクニックをしっかり教えてくれる所を、と思って
lomilomiを、マカラア先生の日本でのお弟子さんから 学んできました。

しかし色んなリンクがあって、ちょうどこの日、大阪で
カウアイ島でロミロミをされている エドさんのワークショップがあったので
急遽参加してきました。

テンプルスタイルのロミロミって、なんというか作られたイメージがあったのですが
実はそうではなく、昔から 王族へロミをしていたスタイルだったそうです。
今まで なんて目をふさいできたのだろう(><)



その動きは本当に美しく、手技のみではありません。
ベーシックステップは あたかもフラを踊るかのよう。
ここで、テクニックを学んでいて良かった、と思うことがありました。
本当に無駄なものなど、ひとつとしてない、
今までしてきたことが 集約されてくる感覚です。
体重のかかり方もそう。
それにフラもそう。
フラをしていることで 低い位置で中腰を保つことが出来る。
肩を上下させないで 足を動かすことが出来る。
胸の位置で エネルギーを集めることが出来る。
ちゃんとグランディングし、重みをそこに感じることが出来る。

フラとロミロミ、とても同じに思うことが多かったです。
教えもそう。

終盤には、natu!ちゃんが モデルさんの下半身を施術し、
上半身を私が施術していきました。
この経験は  とてもすばらしかった。
テンプルスタイルは クライアントさんが嫌がらない限り、
下着を取って施術します。
これにより 長いストロークで施術することが出来る、という利点がありますが
これが思った以上にすばらしい!
しかも二人で施術することで エネルギーの対流が起こります。


ロミロミは 本来、ボディケアのみではなく 
深い思いやりと愛に基づくものだと、改めて感じました。

面白かったのは
私が施術をする番の時、くしゃみ、げっぷをしてしまいました。
ある種のエネルギーをもらうと、そうやって体が浄化するみたいなのですが
一緒にレッスンを受けた生徒さんが 私のくしゃみを聞いて笑っていたときに
(私のくしゃみは ちょっと変なので)
Edが、「悪いのを出してるんだね~」と普通に言ってくれました。
ああ、ここはなんでも受け入れられる場所なのだ、と
ふっと肩が軽くなりました。

Edが大切にしなさい、といったこと
それは「気づき」でした。




Mahalo nui e Ed,natu!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。