スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Organic Organic Organic

Aloha Summer Festivalに、わざわざ出向いてくれたのに
ほとんどゆっくりと話せなかった友人と、 今日はしっかりゆっくり話をするため
梅田にお食事に。

「あっさりとしていて野菜いっぱい」食べたい、というMちゃんのリクエストで、
「里山の食卓」に決定。ほとんどオーガニック食材でのバイキングで
しかもおいしい。
欠点は1.5時間というタイムリミットが設けられていること。
しかしそれも ぐるナビのチケットを利用して2時間に延長。これでばっちり。

以前は、リズムがとても早かった彼女。話すスピード、行動、
考え、全てがとても早かった。
そして 先月のアロハサマーフェスティバルでは 少し落ち着いた感もありました。
そして今日。
本当にびっくり。
少しやせてすきっと見えた彼女。聞くと、「最近オーガニックや減農薬の
お野菜を使ってお料理したり、
今まで育てなかった観葉植物を育てたり ゆったりと過ごしてる」とのこと。
そうだよね、そういう時間って 必要だよね。
うちにもプルメリアが来てから、毎日どんどん花芽が育ち、花をつけてくれる様が
いとおしく、また ティの苗から 小さな命の息吹が感じられて とても幸せ。
雨の音も、風の匂いも 河口から渡ってくる 海の匂いも
都会だって感じられる。
忙しい時こそ そうした時間を過ごす。
最近 LOHASだとかスローライフとかって、綺麗な言葉で語られる こういった時間。
どうしてファッションにしてしまうのだろう。
ファッションよりも もっともっと根本の、
生きることに繋がる、もっと土臭いことなのにね。

そんな思いとはうらはらに、「ブッフェ」となれば思い切り、色々と
いただいてしまうのは 女の性のなせる技かしら。
あっというまの2時間でした。
腹ごなしに?出向いたのは、neko。うまくソファが空いて、のんびりまったり。
そのあと彼女と別れて、更にdeli cafeにてhinanoとゆっくり、大切なひととき。


きっときっと、
スピリチュアルなことも とても土臭いもの。
見えないからこそ こがれたり、盲信したり。けれど それこそ自然に生きる道だと思う。
そこにある、もの。

感じて生きる。

きっと、そういうものなんだろうな。


先週から ほとんどしてないフラの自主練。明日がちょっと怖い。
でも もう時間は過ぎてしまってるのだもの、付け焼刃は通用しないから
がんばってぶつかるしかない。がんばろ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。