スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mana-card lesson@ Tsukashin cultual center

昨日はマナカードのレッスン@つかしんカルチャーでした。
なぜかコバエと格闘しながら(苦笑)の2時間。

昨日は体験の方が2名、内1名はFMあまがさきのDJのかたでした。
レッスンはもう、カード10枚を学んだ状態でのご参加、そして
取材としてのご体験だったので、普通の方より「マナカードって????」
とハテナがたくさんあった状態でのご参加だったと思います。
そんなことおかまいなしに、レッスンを進めてごめんなさいm(__)m


FMあまがさき・かなさんのブログはこちら。


マナカードは、「占い」というよりは、「自己探求」のツールとなります。
もちろん、他者へのリーディングも可能ですが、まずは自分の内面を
しっかりと覗いて、「より本来の自分」への導きを得ることが出来ます。
「占い方」を学ぶのでなく、「感じ方」を「思い出して」もらえたら、
そう思ってレッスンをしています。


次回つかしんカルチャーでのレッスンは、1週間早まって9/18(火曜)、
2Fのお部屋となります。お申し込みはつかしんカルチャーセンターまで。
スポンサーサイト

忘れていたかもしれない

Monk20Seal.jpg

フラを踊るにあたって、注意を受けて、忘れていたかもしれないことを
思い出した。
思い出した、のだったらやはり、忘れていたのだろうな。

思い出せて、良かった。

神さま、ありがとう。

八尾イベント

20070828110802.jpg

今日のイベントは戦々恐々。
八尾のトヨペットにて行われるイベントは、土曜、日曜と二日にわたって行われ、
私たちのクラスの出番は2日目と決まりました。
プログラム?
もちろん当日に決まります・・・・・・
前日に出演した人からの連絡では、30分ほど前にプログラムが決まり、
立ち位置もそのときに決められたとの事、いつものように。
いままでは、プログラムは前日夜には決まっていましたが、今回は
更にぎりぎり。
「一度習ったものは、いつでも踊れるようにしておくのがダンサーとしての
責任である」と、常々おっしゃっているクム。
確かにそう、なんだけれど、復習してみると、結構忘れてる・・・・
心配。



当日。
午前中、神戸でステージ1部の人たちのリハがありました。それには
名古屋のメンバーも駆けつけていて、この午後のイベントも見に来てくれる、との事。
しかもそれを知ったクムが、彼女達に「応援してね。最後のフィナーレでは
客席からあがって、一緒に踊ってね」と言っていたそう。
楽しそう♪と思っていたのもつかの間、
クムが楽屋においでになり、
「今日は名古屋ちゃんも来てます^^彼女達も○○の曲を踊ってもらいます。
(持参してる練習用の)パウで踊ってもらったらいいね。」とおっしゃっいました。

?????
も、もしや彼女達はこのことを知らないだろう、と急いでメール。
「プログラムに入ってるよ、名古屋ちゃんたち。パウ着用、ノーミスで
お願いします(クムが冗談まじりにおっしゃったのを彼女達にも伝えた)」
しかし、返事なし。

あっという間に時間前となってきました。
電話したら、すっかり冗談だと思ってランチしながらビールを飲んでたとのこと。
「急いで~~~!走って~~~!」
事情が読めていない彼女達。可愛そうに、大急ぎでした。
楽屋へ来て、ハラウTシャツを借りたり頭に飾りをつけてもらったりと
おおわらわ。

そんなこんなで1部が終了。前のハラウのときのお友達も、
赤ちゃんを連れて見に来てくれていました。
すごい可愛い赤ちゃん!!!
見に来てくれて、ありがとうね!

そして2部。
私たちがマウイ島の歌を踊っているとき、ケイキちゃんが入ってきて一緒にフラ。
その次のヴァースでは、後ろに名古屋ちゃんが入ってきてフラ!
フィナーレでは、クム自ら「ハナホウ?ハナホウだね?」と客席へ
語りかけられながら(笑)客席にいらしたアンティたちをステージへ
迎え入れられたり、ケイキのママたちも一緒に、とても素敵なフィナーレと
なりました。

イベントが終わってからは、名古屋ちゃんたちと一緒に「打ち上げ」です。
あの笑える一瞬をひときしりサカナにしながら、飲み会しました^^
帰りの電車の中でもおもしろかったー。あの画像、載せたいくらいよ!
S,Me,Q(笑)、Ma、A hui hou!


イベントに出るたびに、「KEALAKAPAWAのクムが、生徒の
皆が踊ってるのを温かく見守ったり、言葉をかけられているのをみると
本当に心温まる。」といったお声をいただきます。
そういう声をいただくたび、本当に嬉しく思うとともに、ここにいられて
幸せだなあ、と感謝の念も沸きまくりです。
皆さま、お疲れ様でした&本当にありがとうございました。







初めてのこと

ape.jpg


日曜の夜、辛口評をクムからいただいた後の、レッスン。
ちょっとどきどきしながら向いました。
 
いつもより長いベーシック。いつもと少し違ったベーシック。
自分が何をしているか、以前より集中しないときちんとできないプログラムでした。
続いてはアウアナの復習。何がかかるのかな、と思いながら待つポジションでいると、
なんと去年からずっと踊っていて、しかし最近はとんとご無沙汰の曲。
どうやったかな?と頭で思い出しながら何とかクリア。
続いてはホイケで踊る、クムにとっても思い入れのある曲。
今日が振りを入れるラストチャンス。変更ももちろん有。クムの創造の泉は、枯れることがないのでした。
そうして数回躍らせながら、立ち位置をおおまかに決めていかれる。
なんと最後には、数名ずつ躍らせながら個人へのコメント!!!
本当に嬉しかった。
クムの言うとおり、私たち個人へのコメントは今まで敢えてされなかったけれど
(レッスン中にこうだよ、というの以外)
一人一人をしっかりと見てくださり、良い点、伸ばすべき点などを
おっしゃってくださった。
チョーカンドー。


実はこの日、あるフラシスターの斜め後ろで踊りました。このとき、
彼女のお陰ですごーーーーいエナジーを感じ、自由な空気を感じられて
とてもスウィングすることが出来ました。彼女に本当に感謝。
あの感覚をもう一度思い出して踊れるように、そしてはじけられるように。

Hawai'ian Day

20070821104832

今日は朝からフラのリハーサル。
なかなかに集中したフラを踊れたのでは?と思っていましたが
クムのお考えはそうではないようで・・・・・きっと、もっともっと
高みに私たちを連れて行こうとされておられるのだろうな、と感じます。
きっと、去年のホイケなら、これくらいの感じでOKだっただろう。
けれど、もっとすばらしい”ショー”にしたい、という真剣な気持ちが
もっと、もっと、と要求されるのだろうな。
そして、応えてくれるだろう、と思ってくださってるからだろうな。
ということは、
今はひどくても、頑張れば出来るということ。
よし。がんばろ。

お昼からは、クラスの皆はミーティングを兼ねてランチに。
私は生徒さんたちが既に会場入りし、がんばってくれてるイベントへ。
神戸シェラトンホテルのハワイフェスティバルです。

会場入りすると、いやー、すごいすごい。
さすが、¥3.000-(前売り¥2.500-)のチケットを買ってこられる
お客様へ向けてのイベント。
フラもとてもショーとして見ごたえあるものだったし、バンドもそう。
UMAHANAさんとお隣のブースで、隣ではティリーフレイを作成。
私も生徒さんたちも、お花のマナをいただこうと、頭に飾っていただきました。

大好きな人たちとも出会え、大満足の一日でした。

ブースへ、マナカードリーディングをしに来てくださった皆さま、
Mahalo nui!
Nちゃん、Tちゃん、イベントお疲れ様でした!売り上げまだ計算してません。
ごめんなさい~~~。
シェラトンのKさん、お疲れ様でした!!!
イベントでお世話になった皆さま、ありがとうございました。
Kちゃん、Rちゃん、Kさん、ご飯楽しかった、ありがと。
Pさん、Yさん、Aちゃん、Yさん、もっとゆっくりお話したかったな。
おかあちゃん、元気な笑顔が見れて嬉しかった。
H⇔Jさん、&お嫁ちゃん&おちびちゃん、会えて嬉しかった~。

来年もここで、皆さんの笑顔と出会えますように。

また、ちょっと体がおかしくなってきた、というか
以前から首~背中が痛かったのだけれど、他の所の調整などが
あったので、そこの痛みが残っていた感ありでした。
この暑さだし、京都の手前まではとてもいけないので、
西宮北口の施術日を予約することに。

予約を取ってから、昨日の自主練にて、足の裏がまた痛くなってきた。
ちょうど良かった、と一安心。


さて、施術。
ここは、以前からも言ってるけれど、ただ「施術」してもらうだけでなく、
自ら「気づく」「学ぶ」ようにしていただける。
私の腹直筋、えらいカチコチのようで、それを緩めるために横隔膜を
動かすトレーニングを教えていただいた。
むずかしい・・・・・
でもそれが背中の痛みに関連するというのなら、それもやむなし。
なぜ?と問うてみたけれど、「自分でかんがえてごらん。答えはとても
シンプル、だけれど聞くと、ああ!と思うから。」とのこと。
それとともに、改めて足の体重のかけかたを復習。
どうしてもフラのステップの関係上、内側に体重を乗せてしまいがち。
その結果のあの痛みとなるので、膝をまっすぐに、まっすぐに・・・・・
これは全ての人に当てはまるわけではなく、私の体の【癖】に応じて
調整するもの。
なので、私と逆の、体の使い方をしてる人がこれを真似たら逆効果です・・・

「「腰」を動かすの、「ここ」を動かそうと一生懸命だから、ここに緊張感があると
いわれるんじゃないかな。」
とも言ってくれました。
なるほどー。
だからかー。もともとの体型にプラスして、こういうことが起こってたのか。
ふむふむ・・・・・

でもって、「この「腹直筋」が緩むと、こういう風に動けるよ」
と言いながらデモンストレーション。
緩むことって、大事。
フラだけでなく、踊りだけでなく、全てにおいて。
問題はどうしたら緩めるか、なんだよね。うん。
とりあえずは、横隔膜、動かしてみるか(笑)

ホイケまで一月。
この期に及んで、体の調整をしようとしてる私って・・・・・
吉と出るか、凶と出るか。
大吉となってほしいな。


私は、体を使って表現したい。
だから、体をメンテナンスします。
体って、すごい素敵に反応してくれます。
今まで癖だと思っていたこと、生まれつきと思っていた形、
全然そんなことないことに気づかされます。
調整してもらった後は、なんというかパイプがまっすぐにつながる感じがします。
ホースが、どこも曲がらずに、いっぱい水が噴出す感じ。
そうすると、私の表現したいことも、内からまっすぐに出てくれるような
気がするのです。

リーディング

夕刻、リーディングへ出張に出向きました。
湾岸線に乗って、ふと思う。

幸せだな。


海が輝いて、潮風が吹いて、空が輝いている。




急な依頼だったけれど、うかがうことが出来て良かった。


人の心の中の善を見ることが出来て、愛を見ることが出来て
本当に幸せ。
神さま、ありがとう。

いよいよ、お盆休み。とはいえ、色々とやることもある中、Nyan嬢に
「海行きたいよねー」とメール。
すると、彼女「フラレッスンがあるので遠出できないけど、イソコに
行こうと思ってる」とのこと。
お願いし、同行することに。

昼、ホイケの合同リハ。初の全員集合(除名古屋メンバーの数名)。
クム曰く、「クレイジー」とのことだったけれど、私にとっては、そして
後に話した名古屋メンバーにとっても、本当に実となった数時間でした。
Mahalo nui e kumu!

その後、名古屋メンバー3名とともにクアアイナへ。
飲んでしゃべって、騒いでると、あっという間にお別れの時間。
近鉄までお見送りして、私は地下鉄で自宅へ。
大急ぎでシャワー、そして1年ぶり!!!の海仕度。
昨日の天気図では、熱低が2つ来てた、けど期待しないように・・・・

2時間ほどゴロゴロ出来たところにNyanちゃんからのメール、そして
ラブコール。
Nyan号でしゅっぱ~~~つ。
出発時刻は3時過ぎ。
もちろん、イソコなので日の出とともに入水予定。

二人とも6~7年ぶりの磯ノ浦とあって、あっちでもないこっちでもない、と
道を迷いながらもすごいバイパスを発見。
あっという間に着きました。
しかし、ほとんどサーファーカーとも出会わず、胸騒ぎが。
ま、波なくてもいいや、との思いでここまできてるから、と
心を落ち着かせて堤防から覗くと、

波、ある!!!

しかも人、少ない。駐車場に止めることが出来る!!!
そういえば、お盆時期は皆トリップに出かけるから、イソコはすくと
いう話を聞いた覚えが・・・


わくわくしながら準備。
久しぶりのビーチエントリー。
ドルフィンも、そんなにパワーのある波でなかったので楽チン。
二人して波まちしながら、いろんな話をぽつり、ぽつり。
こういう感覚が大好き。
話してても、途中でとぎらせて波を追う。

Nyanちゃんが「makaちゃん、あれ、虹だ」という方向をみると
虹のたもとあたりが。そして見る見るうちに伸びていく。
逆を見ると、朝焼けから日が出てくる。
波がある。
水も思ったよりずっとずっと綺麗。
本当に、幸せ。
私たちへの祝福。


途中でスナック休憩。この時点でまだ8時くらい。笑っちゃうほど
波乗りまくり。
ロングが全部かっさらっていくかと思いきや、そのロングのお兄さんの
空いてるほうの波に乗らせて貰ったり、
ほえまくってるおにいちゃんと声を交わしたら、譲ってもらえたり。
そうこうしてるうちに9時、一般エリアとサーフエリアに分かれる時間。
私たちはBBなので、一般エリア。
これまた乗り放題。波があるから、ドンドン乗れる。
なんと10時にして二人ともおなかいっぱい。

磯ノ浦を後にして、LANI CAFEにてまったりと色んな話が出来た。
Nyanちゃんと私との経験は似たものがあって、それもまた良かった。
神さまがくれた時間なのだなあ、と改めて思った。

Nyanちゃんに自宅まで送ってもらい(ほんま、ありがと!)、少し
横になってお次はマナカードレッスン。
すごいリフレッシュできたからか、皆とも楽しい時間をすごすことが
出来た気がする。
その後はフラ・ブラザーにフラで使用するスカートの作り方を教える。
勤め人としては、このお盆休みで一気に作り上げたい所。同じ勤め人と
して気持ちがわかる。
教えながら、色んな話をすることができた。
こうやって、同じ目線で色んな話を重ねることって、ひとつのものに
むかう者同士、必要なんだなと思う。フラの話でなくても、なんでもいい。
しかし、彼に言われて初めて「あ、私ガタイ良いのね。筋肉つきやすいんだ」と気づく始末。
エクササイズや筋トレはしていません、入隊もしていません、念のため。
病弱なのよ、というと笑ってた。いやいや、ホントなんだって(^^;)

翌日。
波のサイズが大きくなく、ファンサーフだったからか(腰腹、セット胸)
腕、腹、背中、足首が筋肉痛。しかしフラのせいでか、太ももは一切
筋肉痛無し。ワックスずれがきゅん、とくる。


海、また行きたい。

DO HULA,HULA,and HULA!

puniu.jpg

今日はフラレッスン。
あっという間に1週間が経つ今日この頃。

ようやっと、マインドがすっきりしてきました。
自分のフラはどんなかな?
だいぶんマシになったよう、でもまだ集中しきれてないところもあり。

アウアナはクム曰く、「Let's do it an Hawai'ian style!」で。
口承文化で、見て聞いて、覚えていった古の人々。
そのDNAが流れているハワイアン・・・・・
確かに、このやり方をすると「必死」になります。


そしてカヒコ。
楽器のビートが、体に響き出す。
音を聞いて、感じて、ひとつになって。
集中して、集中して・・・・・丁寧に・・・・・


本当に、クムのおっしゃるとおりだ。
この違い。
すごい!!!
ぜひとも、ぜひともしっかりとやらなくては。



USJ!!!

20070808102522

「急な親族の用事」のため、会社をお休みしました。
その用事、とは・・・・・


日頃フラ&マナカード&ロミロミでちーっとも遊んであげられていない
(私が遊んでもらっていないともいう)姪っ子たちのリクエストに応えて
USJに行くことでしたー。


いやー、楽しかった。
しかし、ファストパス?expressなんとか?がなかったら大変な騒ぎと
なること必至。
お高いのが玉にキズだけれど・・・・・・・いたしかたなし。
なんたって7歳&4歳のちびっこですから。


なんとなんと、1000人あまりが働いているUSJ。そのスタッフの中で
8名だけ存在するエモート君(かな?)たち。彼らは一人一人
使命があって、あるエモート君は「愛」、他のエモート君は「笑い」
などなどを探しているのだって。
私たちが遭遇した最初のエモート君は「夢」。
このエモート君は「夢」を探しているので、DREAMER君といいます。
彼らは毎日、その捜し求めているものを持っている良い子たちの中から
1日2~3名を「表彰」するの。
そしてなんと!!!!!うちの姪っ子たちが表彰されましたー!!!
わーい!
欲しくても、お金を積んでももらえない貴重な「シール」状の、
ドリーマー君の名前入りの表彰状。
その後、別のエモート君を発見。
「何を探してるの?」と聞いたら、「愛」だって。

皆さんも、エモート君を見かけたら、
まずは
「I see you~」と声をかけて右手の平を相手に見せてね。
そして、何を探しているのか、聞いてみて。

*ただし、聞いたからといって、おねだりしたからといって、表彰は
してもらえませんのであしからず。私たちも「愛」は表彰されなかった
です・・・・・


そしてウォーターパレード!!!
びっしょり、ぐっしょりになるけれど、そのあととっても涼しい!
14:00~のがお奨めです。16:00~のだと、ちと乾きにくい・・・・・


明日はまた、フラレッスン。
疲れが残らぬよう、フラシスターSからもらったタヒボエキスを飲んで
がんばります!

マナカードレッスン@enjoy cafe

今日は南堀江にて、マナカードレッスン。
今回はBliss Mistを使用して、浄化&繫がりながら
自身をリーディングしていくレッスンをしてみました。
皆さん、どんなだったかな?
なんとなく、「流れ」が読めてきたかな?

次回は9月10日、19:00~21:00です。

hula,hula&lomi

そしてとうとうやってきました、第1回目(私たちにとって)の合同リハ。
リハーサルとはいえ、まだ仕上がっていない曲も多く、また
立ち位置など詳細も決まっていないので、
まずはどんな程度に仕上がっているかのクムの総チェックのような形で
リハは始まりました。

約1年ぶりの合同リハ。ちょうど去年、初めてのホイケを迎えることと
なったクラスだけでの合同リハだったので、
他のクラスのフラシスターたちの上達ぶりを目の当たりにすることとなりました。
去年はハラウの日本校発足6ヶ月目のホイケでした。それから約1年。
本当に皆さん、素敵だなー、と思うとともに、「自分は一体何を
この一年してたのか」と若干凹みました・・・・・
しかし、この凹みが私にとっては重要な感情。
これからはもっともっと、フォーカスしていかなくては。

午前中いっぱいあったリハも終わり。午後からはお弁当を各自購入して
ミーティングへ。
私たちのクラスは夜にあるため、レッスン前後のミーティングなどを
なかなか持つことが出来ません。それに加えて新メンバーにとっては
初めての合同リハもあったので、この日のミーティングはとても重要なものと
なったのではないかな、と思います。
その後、すこしクリーンアップして本日は終了。
ああ、ビール飲みたい。
けど私はこれからもうひとつ。
ロミロミのお仕事の為、六甲道へと移動。
この日ロミロミを受けてくださったのはA-A。ロミ後、韓国家庭料理に
舌鼓、ついでにチューハイにも舌鼓。

あっというまの週末でした。

めいっこ

200708061435384

今夏も、かわゆいちびっ子ギャングたちが来襲。といっても本当に素直に
すくすくと育ってくれているよい子達。彼女達が来ると分かる前から
入っていたスケジュールが多く、日頃遊んであげられていなかったので
土曜日は須磨水族館&須磨海水浴場へ決定!
ドルフィンショーやペンギン、たくさんのお魚を見れて、彼女達は
大満足のようす。
しかしこのキャラクター、姪っ子たちは「きょわい~~~」と言っていたけれど
これで大丈夫なの??大人好みではあるけれど。
200708061435382
20070806143538

最後はこの日行われた淀川花火大会の写真。
このところやる気に欠けていたり、落ち込み気味だった私に元気をくれた
ある友達からの画像。
これを見て、なんだかふっと元気が出ました。
ありがとね、Hちゃん。

DAIBAKUSHOW

先日のフラレッスンにて。
一通りレッスンが終わり、輪になってクムからの連絡事項などを
伺っていたときのこと。

「○○色のパウも持っていくのかな?質問してみようか。」
とのフラシスターの声に、
英語で
「~~~ほにゃららら~~~○○パウ?」と聞いた私。
一拍おいて、大爆笑。
色のところ、めっちゃ英語のイントネーションで、日本語で言いました。

久しぶりに、大声出したなー。
いやいやしかし。
わらけたじょ。


本日税理士さんと仕事しながら、
m「ふひー。暑いですねー。」
税「あついよねー!」
m「暑いと、鼻息荒くなりますよねー。ふんごー。」
税「・・・・がはは!!!」
このあと、鼻息話でかなーりしゃべり続けました。(仕事しながら)
なんでだか、鼻息が彼女のツボだったらしく。

みなさんは、暑くなったら、鼻息荒くなりませんか?
おなかいっぱいになったら、鼻息荒くなりませんか?

WAVEMENT TOUR

2007_wavement01.jpg

以下について書かれてあることは、「サーファー」という立場を通して
のこと。
だけれど、皆知ってる?
六ヶ所村の再処理工場で排出される放射能、1日分が、日本全体にある
原子力発電所から出される放射能一年分だっていうことを。
海の恵、そして米所のコメのほか、農作物、空気、全てが汚染されること。

放射能除去装置、1998年にはつけるように、予算に計上されていた。
なのに、英国有力紙ザ・ガーディアンによると、英国核燃料会社BNFLからの圧力で
除去装置を設置し無い様にしたんだって。(2001年1月22日付、P.Brown氏記事より)
必要悪ならば、どうしてもそこに設置せねばならず、住民はもとより
そこの自然をどうしても犯してしまうのならば、
なぜ最低限度にしてはいけないんだろう?これが「政治」なの?
元に戻すまで、気の遠くなるような年月がかかる自然を、ナンデそんな
簡単にお金のために壊すの???



原子力発電は、簡単に言うとお湯を沸かしているだけです。その点は火力発電とまったく同じ事で、わかした湯気でタービンをまわし、それにつながる発電機で電気を起こしています。原子力発電がかかえている大きな問題は、ウランやプルトニウムが核分裂するときに放射されるエネルギーを利用する訳ですが、それと同時に核分裂生成分『死の灰』ができてしまいます。これが人類が原子力の研究を始めてから悩まされ続けている問題の根源になっています。

原子力発電で原子炉を動かすと、その後には混然一体に『燃え残りのウラン』『核分裂生物』『新たに生まれたプルトニウム』が残ります。六ヶ所村に建設された核燃料再処理工場は、その3 つの物質を科学的に分離させる場所です。

再処理工場では、一年間に約800トンの使用済み核燃料の再処理をする計画ですが、それに伴う放射能の量も桁違いに多く、原子力発電所が1年で放出する量を1日で放出すると言われています。再処理工場から放出予定の放射能で

最も量が多いのは私達が普段『サーフィン』する海に垂れ流される『トリチウム』です。年間に垂れ流される量は、約4万6000人の致死量に相当すると言われています。この問題は青森にかぎった事ではなく、六ヶ所村から葉書を流して海流を調べた実験では、千葉の千倉エリアでも葉書が見つかっています。

今現在は、工場の放射能が垂れ流される排出口には放射能除去装置もついていない状態です。せめて装置をつけてもらうことができれば、これからも多くの人がサーフィンをする『海』を守っていけるのではないのでしょうか?

放射能除去装置の取り付けを求める署名活動を通し、
美浜の会
STOP ROKKASHO
協力していきたいと考えます。

私達は放射能で汚染された『海』でサーフィンをしなくてはいけないのでしょうか?

日本には200万人の『サーファー』がいるといわれています。
『海』で遊ばしてもらっている私たち『サーファー』は、『海』を大切にまもって行かなくてはいけないのでしょうか?

その為には、多くのサーファーがこの事実を知り、決して人ごとではなく自分にも影響がある事だと認識する事が大切になってきます。
サーファーとして『海』の環境保持について考えるきっかけを作ろうとプロサーファーである中村竜を中心に『WAVEMENT』は組織されました。
メンバーはプロサーファー・アーティスト・ミュージシャン・デザイナーと様々。共通しているのは『海』が大好きという事。『いつまでもサーフィンしたい!』それだけです。これを読んでいる貴方もそう思うでしょ?

環境保持について考える機会として『WAVEMENT TOUR vol.1』を行います。
千葉・茨城・福島・宮城・岩手・青森とキャラバンを組み、イベントを通して六ヶ所村の核燃料再処理工場問題について、皆さんと一緒に考えて行きたいと思います。

日程
8月 4日 千葉 太東 海の家『キミズカ』
5日 茨城 日立 河原子海岸 北浜
7日 福島 豊間 薄磯公民館
10日 宮城 荒浜 荒浜海岸 (阿武隈川河口)
12日 青森 階上 階上灯台広場

イベント内容
フリーサーフィン教室・映画上映会・音楽ライブ・ライブペインティング・ヨガ教室・トークイベント
取材についてのお問い合わせ : 090-4098-5231 (植原)
『海に、空に放射能を流さないことを求める署名』に協力してください。
署名用紙はこちらです。


(サーフライダーファウンデーション ジャパンより引用)

思い出した

ring-link.jpg


水の話をしていて、思い出した。
昔、何歳の頃かな?22歳くらいかな?
大阪にあるPOO○Sという屋内プールで、デモンストレーションを
していました。
どんなかというと、小さなボンベが口のところについた潜水具で、
エアーを循環させるもの。口のボンベから消費した酸素を足す、といった
類のものです。


水深6mの、円柱型アクリルプールの中で、その潜水具をつけたり、
スキンダイビングでもぐったり。
ゆ~ら、ゆ~らと。
この画像のような、わっかを作ってみたり。
静かに下までもぐって、真上を向いて、
ぱっ!
ってやると、このようになる。


目をつぶって、
水の中でくるくるやってると
まるで気分は人魚。
(ただしはたから見た目は、見世物。)


こうやって日がな一日、デモンストレーションという名の下に
泳いで遊んで、
興味がでたお客さんがいたら、
一緒に潜ったり、ライセンスを発行したり
そんな仕事もしておりました。
だってそのころの本業、
どうやって動くか(=営業)分からなかったから
暇だったんだもんー。



なつかしいなあ。

あの頃のみんな、どうしてるんだろう。

ALOHA

aloha.jpg

いつの間にか、いろーんなことに疲れちゃっていた。
これじゃいかん。

今日から8月だし(関係ないっちゃないけど)。
ここのところ、水浴びが少なかったし。


私はいつも、それこそ真冬でも、お風呂上りには水。
ナンデか分からないけれど、物心ついたときから、水シャワー。
これって、結構いいらしいですよ、おくさま。
肉体の健康面でもしかり。
乾布摩擦みたいな効能があるらしい。
あ、心臓の弱い方は気をつけてくださいね。
それよりなにより、オーラクレンズになるらしい。
本当はもっともっと、元気なお水がいいのだろうけれど。
暑いときにも、水シャワーすると気持ちいいよね。


数日前から姪っ子たちがやってきています。
彼女達は本当にかわいい!
私と入るお風呂を楽しみにしてくれています。
今回より導入したのは、水シャワー。
まず、上向きにシャワーして(天井にね)、「雨だ~!!」と
ひとしきり遊んでから。
めちゃ楽しいけれど、
彼女達が上がることには、湯船のお湯はいつしかぬるま湯。
そういえば、あの年頃の私だったら、シャンプーハットは外せなかった。
けれど、彼女達はとてもユニークな方法を編み出し、シャンプークリア
(マスククリアみたいでしょ?)(←ダイビングの)したのでした。
あのなつかしのシャンプーハット。
まだあるのかなあ。


いつしか、自分のコア、中心、を忘れていたのかもしれないなー。
と、天真爛漫な彼女達を見て思う。
常にそこだけ意識していたら、
ここまで揺らぐこともなかったろうに。
まだまだだなあ、と思う今日この頃。
e malama pono,とは
よく言ったものだなあ。
ポリネシアの考え方って、奥が深い。
日本もそうだったはず。
外を見ることを通して、内を知る、だなあ。


今日はフラレッスン。
今月からいよいよ、怒涛の?レッスン&リハがはじまります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。