スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならパーティにて

load.jpg



来月早々、大好きなフラシスターがお引越しされる。彼女の地元、鎌倉へと。
本日その彼女との、さよならパーティーがありました。

彼女とクムのおられたお席に同席させていただき、彼女の熱い想いを
伺う機会を得ました。

「いまだに、皆と離れる気がしません。
クム以外の人から、フラを習いたいとは全く思いません。
ずっとずっと○○クラスの一員で居たいです。」

そう言う彼女にクムは、

「時が満ちたら、また一緒にいられるだろう。」

と、優しくおっしゃいました。

「時が満ちたら。」
なんて素敵な言葉なんだろう。

それに応えて彼女も、

「ご縁があると信じているから、きっといつか。
それまでほんのしばらく、A HUI HOU。」




この日、フラを「教える」ということに対するクムの真摯なお気持ちをうかがうことも出来ました。

フラを教わる側には、いろんな人がいます。
体を動かす楽しみとして習う方、ハワイ文化を学ぶ一環として学ばれる方、
自分を表現する方法のひとつとして学ばれる方・・・・・
いろんなニーズがあり、スタンスがある。

一方、フラを教える立場の方も、いろんな特徴がおありだと思います。
そして、「フラ」を教育として「教える」ものとしてのクムの哲学が
その言葉にはありました。
「フラ」というのは、それほどにスピリチュアルなものなのだと
畏怖の念を覚えました。

フラの道。
まだまだ、ほんの入り口です。
毎回色んなことを教わり、知るほどに、恐れ多い気持ちになります。
来年の今頃、私はなにを学んでいるのだろう。
10年後は?
30年後は?




スポンサーサイト

マナカード・レッスンのお知らせ

manacards60.jpg

マナカード3月レッスンのお知らせです。

日時:3/3(土曜日)15:00~17:00
場所は、ハワイアンアイズカフェさん

内容:前半・・・カード番号41~44の把握
   後半・・・リーディング集中レッスン
料金:¥3.000-+お茶代
定員:7名

ご希望の方は、右のメールフォームよりご予約をお願い致します。



3月27日(火)18:30~には、つかしんカルチャーセンターにて
マナカードを見たことも触ったこともないかたむけの、体験会を
致します。
参加費は¥500です。
また、同じくカルチャーセンターにて、毎月第4週目の火曜日 18:30~
ベーシックレッスンを致します。
いずれもお問い合わせは、つかしんカルチャーセンターまで。



4月14日(土)より、オーガニックカフェ Rejoiceさんにて
ベーシックレッスン開始いたします。
時間は15:00~17:00です。
2回目以降の日時は未定ですが、土日で調整してまいります。


4月よりアドバンスコースを始める予定です。
アドバンスコース、というよりは、お勉強会といったカラーが強いかと
思います。
手探りでの出発ですが、ベーシックを卒業される皆さんと、更にリーディングを
学んで行ければ、と思っています。
ご希望の方はメールフォームよりお願いします。




Spring has come

20070226124900

すっきり治っていなかった風邪のため、日がな一日ごろごろ、ごろごろ、と
していた日曜日。
一歩も外に出ずに迎えた、月曜の朝。
日中は暖かくなる、と言っていたけれど、空気はまだひんやりとしている。
けれど、
ふと見るとうちの梅がずいぶんとほころんで来た。
もうすぐ、春。

充電

20070226111344

風邪はすっかり、とはいえないまでも、だいぶん良くなってきました。
今月末に、フラのご見学されたいと思っておられたあるファミリーを、
土曜の、レッスンのある西宮のスタジオにお連れしました。
私の在籍していないクラスだから、ということもあるようで、クムより一緒にお連れするならばOK、
とのことでしたので、少しの時間ですが私も見学させていただきました。
見せていただいているだけでもとても楽しく、また普段とは違った視点で
レッスンを見ることが出来、本当に嬉しかったです。
そのファミリーもとても喜ばれていました。近い将来、ご一緒できるといいな。

私は先約があったため、30分ほど見せていただいた後お先に失礼して、MiuMiuとの短い逢瀬へ。
預かっていたチケットをお渡しし、フラ談義に花を、といいたいところですが
MiuMiuのフラのレッスンがあったので、濃厚な時間を過ごしました。
彼女と会う度に、フラへのまっすぐな気持ちに心打たれます。私もがんばろ。

その足で宝塚へ。
ほんのちょっと標高が高いだけだとおもうのだけれど、ものすごく寒い。
所用を済ませ、無事帰宅。

少しだけだけれど、なんだかとても充電された感ありの、充実した一日。
しかし、寒いのはやっぱり苦手。

浄化、かな・・・・・?ある意味。

0404b.jpg

ついにダウンしてしましました。
不覚にも、月曜夜から・・・・・
先々週末から、なんとなしに具合が悪かったのが、すっきりと治っていなかった様子です。
フラレッスンにも行けず、おとなしく寝ておりました。
ああ、おばかさん。
早く治したくて、全然食事が摂れなかったのにも関わらず、りんごジュースとビタミンCを大量摂取。
なんだか、吐き気までしました。
おなかには何も入ってないのに・・・・・
こんな風邪は初めて。
後で、だありんに聞くと「ビタミン類、特にCの大量摂取は、胃腸をおかしくする」とのこと。
ああ、そのためだったのね。
変な病気かと思っちゃった。
今とても風邪が流行っている様子。皆さまもどうぞ、お気をつけ下さいね。

ビタミン類を通常摂取に戻したら、吐き気も治まりました。
ああ、良かった。
ついでに食欲も戻りました。戻り過ぎだって。(ひとりつっこみ)
水分もしっかりと。
発熱が治まって以降も摂取したほうが良いようです。代謝を促進させる為だそう。



温熱療法というのがあります。
それは、体温を(舌下)38度ほどになるくらいに、お風呂で(ぬるま湯。高くても40度)温まり、
その後保温を30分。
これで、かなり免疫も上がるし、基礎代謝も上がるそうな。
そういえば近頃、特に午前中は末端が冷えに冷えまくっていました。
運動不足にもなっていたし、免疫も落ちていたのでしょう。
元気になったら、また始めようかな、朝のお散歩とフライング。

ちなみに
がん細胞は40度(体温)~41度にて死滅するそうな。
疾病を既にお持ちの方は、かかりつけのお医者さまにご相談の上
お試しくださいね。

HO’O PONOPONO

本当にすばらしい言葉です。
naokaさんからシェアしていただきました。
良かったら、皆さんも読んでみてください。


「スピリチュアル・マーケティング 」、「お金持ちの法則、豊かさは、与えたものに比例する」の著者、ジョー・ヴィターレさんの言葉を、お友達がシェアーしてくれました。

長いお話ですが、どうそ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


二年前に、ハワイに住む一人のセラピストの話を聞いた。
その人は触法精神障害者(訳注:刑法罰に問われたものの、
精神障害を理由に不起訴、減刑、あるいは無罪となった人のこと)
の病棟に収容されていた人たち全員を、
誰一人診察することなく癒したそうだ。
その心理学者は患者のカルテを読み、
自分がどのようにして
その人の病気を創りだしたのかを理解するために、
自分の内側を見たのだそうだ。
彼が自分自身を改善するにつれて、患者も改善したという。

最初にこの話を聞いたとき、都市伝説だと思った。
自分自身を癒すことによって
他の誰かを癒すなんてことがどうやってできるだろう?
最高の自己改善の達人であったとしても、
どうやって触法精神障害者を癒すことができるだろう?

私には理解できなかった。
論理的な話ではなかったので私は受け入れなかった。

しかし、一年後に同じ話をまた聞くことになった。
セラピストはホ・オポノポノという
ハワイの癒しのプロセスを使ったのだという。
初めて聞くものだったが、忘れることができなかった。
もしその話が本当なら、
私はもっと知らなければならなかった。

私は「完全な責任」とは、
私の言動に対する責任は私にあるという意味だと
前々から理解していた。
その向こうのことは、自分の管理を離れていると。
ほとんどの人たちは完全な責任というものを
そのように考えているのではないかと思う。
私たちは自分の行いに対して責任があるのであって、
他の人の行いに対してではない。
精神病の人々を癒したハワイのセラピストは、
私に完全な責任についての
進化した新しい観点を教えてくれることになった。

彼の名はイハレアカラ ヒュー レン 博士。
私たちは最初の電話でたぶん一時間は話しただろう。
彼にセラピストとしての仕事の全貌を
語ってくれるようお願いした。
彼はハワイ州立病院で4年間働いたことを話してくれた。
触法精神障害者を収容していた病棟は危険なところで、
心理学者は月単位でやめていき、
職員はよく病欠の電話をかけてきて、
やめていく人もいたそうだ。
人々がその病棟内を歩くときには、
患者に攻撃されないように壁に背中をくっつけて通ったらしい。
それは生活するにも働くにも訪ねるにも
心地よい場所ではなかった。

レン博士は一度も患者を診なかったのだそうだ。
彼は診療室を持って
患者らのファイルに目を通すことには合意した。
それらのファイルを見ながら、彼は自分自身に働きかけた。
彼が自分自身に働きかけるにつれて、
患者に癒しが起きはじめた。

 「2、3月後には、以前は手足を縛られていた患者たちが、
自由に歩くことを許可されていました」と彼は言った。
「多量の投薬が必要だった人たちは、
投薬をやめつつありました。
そして退院の見込みのなかった人たちが
退院していったのです。」

私は畏敬の念に打たれた。

「それだけではありません」彼は続けた。
 「職員が仕事に来ることを楽しみ始めたのです。
常習的欠勤や退職は消え去りました。
患者は退院していくし、
職員全員が仕事に来るようになったので、
最後には必要以上の人数の職員が残りました。
現在、その病棟は閉鎖されています。」

ここで私は問わなければ気がすまなかった。
「それらの人々に変化をもたらすような何を、
 あなたは自分自身の中で行っていたのですか?」

「私は彼らを創りだした自分の中の部分(パート)を
 癒していただけです」と彼は言いました。

私には分からなかった。

レン博士は説明した。
あなたの人生への完全な責任とは、
あなたの人生の中の全てが――
単にそれがあなたの人生に存在しているというだけの理由で―
―あなたの責任なのだと。
文字どおりの意味で、全世界があなたの創造なのだと。

ヒャー。これはなかなか納得できるものではない。
自分の言動が自分の責任だということと、
私の人生におけるあらゆる人の言動の責任が
私にあるというのは全く別の話ではないか。
それにもかかわらず、実際のところは、
もしあなたが自分の人生の全責任を負うならば、
あなたが見たり、聞いたり、触れたり、
その他どんな方法であれ、
あなたが経験する全てがあなたの責任なのだ。
それはあなたの人生の中にあるのだから。

これはつまり、テロリストの活動、大統領、経済―
―あなたが経験していて好きではないこと―
―を癒すのは、あなた次第だということである。
言ってみれば、それらは存在してはいないのだ。
あなたの内面からの投影である以外には。
問題は彼らに関するものではなく、
あなたに関するものであり、
それを変えるには、
あなたはあなたを変えなくてはいけないのだ。

このことは把握するのも難しく、
ましてやそれを受け入れて実際に生きることは
もっと難しいとわかっている。
非難のほうが、完全な責任よりもはるかに簡単である。
しかし、レン博士と話すにつれて私は気づき始めた。
彼にとっての癒し、
そしてホオポノポノにおける癒しとは、
あなた自身を愛することなのだと。
あなたが自分の人生を改善したければ、
あなたは自分の人生を癒さなければならない。
もしあなたが誰かを癒したければ
―たとえそれが精神障害を持った犯罪者であっても―
あなたはそれを、自分自身を癒すことによって行うのだ。

どのようにして自分自身を癒すことに取り組んでいたのかと
私はレン博士にたずねた。
患者のカルテを見ていたときに、
彼は具体的には何をしていたのだろう?

「私はただ『ごめんなさい(I'm sorry)』と
『愛しています(I love you)』を
何度も何度も言い続けていただけです」と彼は話した。

That's it?  それだけ?

That's it.  それだけ。


あなた自身を愛することが、
あなた自身を好転させる最も素晴らしい方法であり、
あなた自身を好転させるにつれて、
あなたはあなたの世界を好転させるということが判明した。

これがどのように機能するかの簡単な例をあげてみよう。
ある日、誰かが私を不愉快にさせるメールを送ってきた。
過去そういう時には、
私は自分に感情的な反応を引き起こすものについてワークしたり、
あるいは意地悪なメッセージを送ってきた人に
理を説こうとすることで処理したものだった。

今回私はレン博士のメソッドを試すことにした。
私は「ごめんなさい」と「愛しています」を
声に出さずに言い続けた。
特定の誰かに向かって言ったわけではなかった。
私はただ愛の精神を呼び起こし、
この外側の状況を創り出した
自分の中を癒そうとしただけだった。

一時間もしないうちに同じ人からメールが来た。
彼はさっきのメッセージについて謝罪していた。
私は謝ってもらうために
外側に何も働きかけをしていないことを覚えておいてほしい。
私は返事すら書いていなかったのだ。
にもかかわらず、
「愛しています」と言うことで、
私はどういうわけか彼を創り出していた
自分の内側を癒すことができた。

その後、私はレン博士が開いた
ホ・オポノポノのワークショップに参加した。
彼は今では70歳で、
優しい祖父のようなシャーマンと見なされていて、
少々引きこもりがちである。
彼は私の著書『The Attractor Factor』をほめてくれた。
私が自分を向上させるにつれて、
私の本の波動が上がり、
人々が本を読むときに皆それを感じるだろうと彼は語った。
要するに、私が向上すると、私の読者も向上するということだ。


すでに売られて外に出ている本については
どうなんですか?と私はたずねた。

「それらの本は外にあるのではないよ。」
彼が持つ神秘の知恵に私はとても驚いた。
「未だにあなたの中にあるんだ」

つまり、外なんてないということだ。

この高度な技術を、
それが値する深さとともに説明しようとしたら、
本が一冊書けるだろう。
あえて言うなら、
あなたがあなたの人生の中の
どんなものでも改善したいのなら、
見るべき場所はただひとつ、
あなたの中である、ということだ。

"When you look, do it with love."

「あなたが見る時は、愛をもって見るように」

ボディボード

weve2.jpg

最近全然、海に行っていません。
というか、冬だし、もともと冬は入っていませんでしたが、かなり海不足。
この土日も、体調不良でロミロミのワーク参加をキャンセルしました。
ちょうど車があったので、それを借りて休み休み、住吉大社へ。
そこで癒された帰り、思わず海に行きたくなったくらいでした。
大雨だったのに。

その夜。
だありんからメール。「テレビ観てるか?」って。
ボディボードのプロを取材した番組でした。
画面いっぱいに広がる海。私なんて入れない、冬のパイプライン。
ものすごい迫力、そして彼女の気迫と熱い情熱。
メールをくれた彼に、感謝。
「海、全然行ってないし、行きたくなったんちゃう?」と気遣ってくれました。
ほんまに嬉しかった。
ありがとう。


海もきっと、
心の中にある。



hula!

仕事を終え、レッスンのために家路に急ぐ道。
空はとても綺麗なピンクに染まっていました。
感動。
春一番の嵐のお陰で、この夕景が見れました。
だんだんと、雲の間、一層がピンクだったのが、空一面オレンジに燃えて、
あ、地球だ。雄大だ。って思えました。
普通に毎日、生きていると、こんな都会では自分も自然の一部、ということすら
忘れてしまいます。そんな中でのプレゼントでした。

レッスンの前に、あることを私たちにお詫びされたクム。
実直に素直に、悪かった、と思ったことを表現されるその姿は、マナ・カードの中のマノ、を私に思い出させました。
リーダーシップ、の意味です。
「真のリーダーシップとは、先頭に立つだけではない。間違いを犯したとき
すぐに謝ることが出来、かつすぐに軌道修正できることこそが真のリーダーシップである。」


レッスンの合間に、あるフラシスターにつきそってクムのそばへ。
ある事情をクムにお伝えしました。
心が揺さぶられました。
クムが、彼女へ言った言葉の一つ一つに、深い思いやりがありました。
彼女を気遣う、クムの目。
本当に思いやりにあふれておいででした。
思わず、もらい泣き。
クムの長いフラ生活の中で、ご自身も色んな経験をされたのでしょう。
その中のひとつが、彼女のそれとオーバーラップされたようでした。


さて、レッスンの中盤。
休憩時間に、アレです、アレ。
「Happy Valentine's Day!」
クムもとても喜んでおられました。そして、わがクラスのホープ!の
カネにも。
プレゼントには、フラシスターがおうちのお花で作ったレイが添えられて
いました。
「わあ、誰が作ったの?上手だね。皆に教えてあげられるね」と喜ばれながら
そのレイを身につけてずっとレッスンされていました。


また、かわいいフラシスターのママがたくさんパンを焼いて下さっていました。
Big Mahalo to Mama!おいしかった~。
習っておられるの?と聞いたらば、自己流だそう。お料理のセンスがいいんだろうな~。
うちの母が昔焼いたパン、それはまるで乾パンでした。母にそれを言ったら、
「違うよ~、ピザ生地が余ってもったいなかったから焼いたんやん」だって。おいおい・・・・^^;

そしてカヒコ。
メレを説明下さりながらのレッスン。
昔の、文字を持たなかった時代のように、口承でタイトルを覚えました。(もう忘れちゃったけれど)
こういった伝承が常日頃の時代って、どんなんだったのだろ。
ひとつ間違えただけで、クビが飛ぶ、そんな時代。

RomiLomi@Kyoto

さてさて、3連休。
土曜日ランチを取りに外出したついでに、というか本来はこちらが目的であった
住吉大社へ行こう、と勇んで梅田まで出てきたものの、そして地下鉄御堂筋線まで
来たものの、
人あたり?みたいに具合が悪くなった為Uターン。のんびりと一日過ごしました。
次の日は京都すぴこん会場に行くのだもの!体調を整えておかねばです。

日曜日。
朝起きてみると、まだ疲れが抜けていないよう。がんばって京都まで出向きました。
会場に着くと、クムロミのEdにロミシスター(っていうのかな。)の
natu!ちゃんに凛ちゃん~!!
彼らをみたとたん、元気になりました。
本当に。
既に会場にはお客様がお見えで、私たちのブースにもちらほら。
準備を大急ぎでしていきました。
受付などをするお手伝いか、と思いきや、さにあらず。
Edを交えてのチームロミでした。
なんと、ショートセッションは全て予約で埋まり、皆大忙しでした。
月曜からは3日間、個人セッションをされます。
ご希望の方はmakaまでご連絡下さいね。
そして木曜~日曜は毎日、ワークショップです。
その後、Edは東京へ。来月は、また関西へ。次は大阪に来られます。
すぴこんが終わった後は、皆でお食事。
おいしかった(^^)ごちそうさまでした~♪

月曜日。
気持ちの良いお天気。
のんびりとブランチをとった後は、日頃激務な彼に、Edのロミを
プレゼント。
本を持っていったのだけれど、そんなのを読んでいるひまもなく
Edのロミを見学してしまいました。
男性へのアプローチはとてもダイナミックでした。
Ed曰く" I danced with him."
とてもいい感じのセッションとなったようです。
その後二人で彼の感じたことを話し合っていて、彼とEdとの共通点には
とても面白く感じました。

ここのところ、台風に巻き込まれた感のあったことも
ようやくおさまりつつあります。
大切なのは、やはり自分の感じることを信じること。
揺らがないこと、のようでした。
揺らぎっぱなしだったからこそ、こんな風になったのだなあ、と思います。
反省。

世界ふしぎ発見

オンエアが明日、2月10日の「世界ふしぎ発見」で、
いよいよフラが登場のようです。
タイトルは、「フラに秘められた本当のハワイ」。

Basic Steps

クムがハワイ&ロスよりお帰りになりました。2月の始まりです。
2月はもう数日過ぎてはいるけれど、フラが始まる事が、その月の始まりのような気がする今日この頃。

そして、今月からおそろいのパウで練習も始まります。
このため、ヒロセフォームさんのパウ通しが大活躍!!!
ヒロセフォームさん、ありがとう~~~~~!!!
本当に秀逸です。
例え年に1回、ホイケのときくらいにしか使わないとしても、これを使うのと
使わないのとでは大違い。本当に助かりました。



さてさて、話を戻して。
これまでの数ヶ月、ハワイのクムのハラウでは、髪型もおそろいにしているとのことから
私たちもそうしていました。
そのお陰で、微妙な頭の角度なども分かるようになった気がします。
そして、今月からはパウもおそろい。ついでに、ということでKEALAKAPAWAのTシャツも皆で着て来ました。
ついでについでに、レッスン途中で記念撮影。

さて、肝心の2週間ぶりのレッスン。
私たちにとってはじめてのアップテンポな曲。先月に教えていただいた所まで
あたふたと踊っていきました。
どんどん変わっていく振り付け。「え~、また?」なんて冗談めかして
いいながらも、変わった後の振り付けはさらにすばらしいものとなっていきます。
改めて、クムの振り付けってすごいな~、と感動。
その場でクリエイトしながら作り上げられていくhula。休憩中も、
ずっとお考えになっていて、それを目で追う私たち。
「ちょっと踊ってみて」と生徒を躍らせて、更に変更。
そうしているうちに、「皆やってみて~」と休憩中だったはずなのに
いつのまにかレッスンに戻っていく。
海外から戻られ、しかもヴァケーションじゃなく毎日忙しくされていた毎日だったのにもかかわらず
こうしてエネルギッシュに教えてくださるクム。本当にありがたいです。

さてさて、肝心のこの曲。改めて自分のベーシックが出来ていないことに
気づかされます。
また、体の芯をとっていないとぶれまくることにも気づきました。
バレエのように姿勢を保たないと厳しいのかな・・・・今から間に合うかな。筋肉、出来てくれるだろうか。

そしてカヒコ。クムのお考えにより、前回習った他に、新たに習っていくことになりました。
集中して聞いていなかったから間違ってるかもだけれど、関連するこのテーマの曲は
後1曲習うとか習わないとか。合計3曲。ちょっと体力をつけていかないとやばそう・・・・・

アップテンポのアウアナと、久しぶりのカヒコで足が既にだるい、だるい。
そういえば最近体型も丸くなってきたような・・・・・
母と一緒に、食後の運動するようにしようかな。



それより何より、私のお裁縫の能力の低さが露呈。
何故か一人だけミニ・パウスカート。
膝下の長さもちゃんとはかったはずなのに・・・・なんで???
お裁縫以前の問題なのかもしれません(@@)




Na Mea Hawai'i Hula Kahiko Performanceスケジュール

ハワイ島ボルケーノ・アートセンターにて行われるフラカヒコのイベントです。
入場無料ですが、駐車場代が必要です。

3/10土曜日、5/19土曜日、6/23土曜日、8/25土曜日、12/8土曜日
各10:30am~11:30am
ハワイアンクラフトのデモンストレーションは
各9:30~14:00に、Volcano Art Center Galleryにて。
お問い合わせは、(808)967-8222まで。

Saturday, March 10, 2007 10:30 a.m. - 11:30 a.m.
"Second 2007 Na Mea Hawai'i Hula Kahiko performance!" See traditional hula and chant performed outdoors on the hula platform overlooking Kilauea Crater, featuring Beamer-Solomon Halau O Po'ohala under the direction of kumu hula Hulali Solomon Covington. Hawaiian crafts demonstrations at Volcano Art Center Gallery 9:30 a.m. - 2 p.m. Hawai'i Volcanoes National Park. Free (Park entrance fees apply). Call (808) 967-8222.


Saturday, May 19, 2007 10:30 a.m. - 11:30 a.m.
"Third 2007 Na Mea Hawai'i Hula Kahiko performance!" See traditional hula and chant performed outdoors on the hula platform overlooking Kilauea Crater, featuring Halau Hula O Kahikilaulani under the direction of kumu hula Rae Fonseca. Hawaiian crafts demonstrations at Volcano Art Center Gallery 9:30 a.m. - 2 p.m. Hawai'i Volcanoes National Park. Free (Park entrance fees apply). Call (808) 967-8222.


Saturday, June 23, 2007 10:30 a.m. - 11:30 a.m.
"Fourth 2007 Na Mea Hawai'i Hula Kahiko performance!" See traditional hula and chant performed outdoors on the hula platform overlooking Kilauea Crater, featuring Halau Hula Kalehuaki'eki'eika'iu under the direction of kumu hula Ab Valencia, Halau Hula Kamamolikolehua under the direction of kumu hula Pohaikealoha Souza, and Halau Hula Kalehua'apapaneoka'au under the direction of kumu hula Patrick Kapuawehi Choy. Hawaiian crafts demonstrations at Volcano Art Center Gallery 9:30 a.m. - 2 p.m. Hawai'i Volcanoes National Park. Free (Park entrance fees apply). Call (808) 967-8222.


Saturday, August 25, 2007 10:00 a.m. - 11:00 a.m.
"Fifth 2007 Na Mea Hawai'i Hula Kahiko performance!" See traditional hula and chant performed outdoors on the hula platform overlooking Kilauea Crater, featuring Hula Halau O Kou Lima Nani E under the direction of kumu hula Iwalani Kalima. Hawaiian crafts demonstrations at Volcano Art Center Gallery 9 a.m. - 2 p.m. In conjunction with Aloha Festivals' Royal Court Investiture Ceremony at 12:00 noon at Halema'uma'u crater. Hawai'i Volcanoes National Park. Free (Park entrance fees apply). Call (808) 967-8222.


Saturday, December 8, 2007 10:30 a.m. - 11:30 a.m.
"Final 2007 Na Mea Hawai'i Hula Kahiko performance!" See traditional hula and chant performed outdoors on the hula platform overlooking Kilauea Crater, featuring Na Huapala O Hawai'i Halau 'O Ha'alelea of Kapa'au under the direction of kumu hula Raylene Ha'alelea Kawaiae'a. Hawaiian crafts demonstrations at Volcano Art Center Gallery 9:30 a.m. - 2 p.m. Hawai'i Volcanoes National Park. Free (Park entrance fees apply). Call (808) 967-8222.

Polynesian Voyaging Society~ホクレア号・日本語公式ブログ~

maisu1.jpg

画像は Maisu号。


ホクレア号日本語公式・航海ブログはこちら。

Polynesian Voyaging Societyはこちら。

日々の航海の様子や、ホクレア号・マイス号の写真なども、こちらから
ごらんいただけます。


「ポリネシア航海協会が重視する価値観」

Aloha: To love(愛すること)
Malama: To care for(いたわること)
'Imi 'Ike: To seek knowledge(知識を探求すること)
Lokomaika'i: To share with each other(お互いに与えあうこと)
Na'au Pono: To nurture a deep sense of justice(正義を育むこと)
Olakino Maika'i: To live healthily(健康に生きること)

by Polynesian Voyaging Society Blog

週末のできごと

2/3土曜日。
諸事情により電車1本乗り遅れる、という大変な騒ぎ。(決して寝坊ではございません)
今日新しくご参加になる生徒さんもいたのに、なんたる失態。
電車の中でも走り(気持ちだけ)、タクシーの中でも走り、なんとか
10分遅刻ですみました。
生徒のみなさま、本当にごめんなさい。。。。。


2/4日曜日。
重病PCを救うべく、奮闘。なんとか、動いている様子です。
このまま、どうぞ元気になってくれますように。
この日、京都ではハワイアンイベントが行われていたとのこと。
会場を、UMAHANAさんというレイメイカーが飾りつけをされ、また
ダンサーも皆、生花で装い、とても良い香りがしたとのこと。
かたや、ウィルスと格闘。
行きたかったけれど、PCのこともあったから返ってよかったのかも。



この週末、とても感じたことがひとつ。
それは私の、パートナーに求める姿勢。
私の今ある状況がそうさせるのか、あるいはもともとそうなのか。
さそり座である私は、どうもそういった傾向がある様子。(by筋トレ)
このことが大変クローズアップされた週末でした。

2月のカード:KANALOA

木曜日、なんだか風邪のような症状を感じました。
仕事もひと段落ついていたので、お休みし、一日中寝ておりました。
全く、PCに続いて私まで。とほほのほです。
おまけに、また市販薬で薬疹が出没。

さて、そんなこんなの本日。満月ですね。
昨日・おとといと、とても綺麗な月と空でした。
今日はどんな空なのかな。朝から雪もちらほら。
いつもの川は、真冬っぽい表情ではなく、風もそんなに吹いていませんでした。
渡り鳥たちも岸辺でなく、川の真ん中あたりまで広がって休んでいました。
鳥は寒くないのかな。
四国の中村では、いまだ3mmのフルスーツで十分だそう。いいな、暖かい海。

私が先月末に引いた、私の今月のカードは”KANALOA"でした。
「基盤」です。
すべてにおいて、これを意識する月なのでしょう。
2月3日から、新しい年であった昔のリズムにも関係しているのかもしれません。
また、春に向かって、体がしっかりとまた一から細胞を作っているのかもしれません。
冬、私たちの体は「溜め込もう」とします。そして春に向かって、不必要になった
「溜め込んだもの」を排出しようとせっせと働きます。
春にいただく旬のものは、こういった排泄作用を促進させる働きの強いものが
多いです。
この排出作用にもエネルギーが要るわけで、その基礎体力を今、つちかって
いるのかもしれません。

カードをお持ちの方は、もうマンスリーカードを引かれましたか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。