スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災した子供たちへ文房具を!

荷物は、複数になるより一つにまとまる方が良いと思うので、
これを見て賛同して下さる方、makaまでご連絡ください。

以下必要なものリスト
柄があればなおいいですが、なくても大丈夫です。
・未使用でも使用済みでも可。
・どの程度の使用済みか、ですが
 鉛筆であれば、短くて使いにくくなるよりは、
 少し長めのほうがいいかと思います。
 ボールペンも半分くらい使える程度、でもいいです。
・とにかく【使えるもの】であれば構いません。


他には
鉛筆・シャープペン・シャープペン芯・定規・色ペン
A4ノート・消しゴム・リングノート(メモ帳用)・筆箱
絵の具セット・習字セット・とび縄・裁縫セット・はさみ
コンパス・三角定規・のり・色鉛筆・クレヨン・クーピー
下敷き・彫刻刀
鉛筆削り(3/27 15:40追記)


学校が4/20から始まるそうです。それまでにお勉強出来るものが揃うといいですね。
どうか皆様、ぜひお願いします!
スポンサーサイト

中部大学教授 武田先生の記事より

以下、武田先生による記事です。
テレビの情報を見るだけで安心するのでなく、自分で判断することが大事だと思います。


放射線の専門家に自重を求める




テレビ出られて福島原発の放射線について「安全だ」と言っておられる専門家の方に自重を求めたいと思います。
わたくしたち原子力の専門家は、原子力や放射線の正しい利用を進めるために、国際的な勧告や放射線障害防止に関する法律を厳しく守ることを進めてきました。
決してレントゲンや CT スキャン等だけを参考にして安全性を議論してきたのではありません。また、1年間の被曝量で規制値を決めても、それは1年間ずっと続く場合だけではなく、規制値を超える場合には、危険があると考えて良いということだったのです。
委員会では、半減期はもとより、元素の種類による身体への影響等極めて詳細で厳密な議論を経て決めてきたのです。
確かに国際的な基準になっている空間の線量率が1年に1マイクロシーベルトという数値、WHO が定める食品の放射性物質の量など、日本の委員会では厳しすぎるという意見があったことは確かです。
しかしわたくしたちはそのような議論を経て、現在の基準を作ってきたのです。
特に私が問題だと思うのは、3ヶ月に1.3ミリシーベルトを超える場所は「管理区域」として設定し、そこでは放射線で被爆する量を管理したり、健康診断をしたりするということをわたくしたちは厳密に守ってきました。
福島市においては瞬間的な線量率が1時間に20マイクロシーベルと程度まであがり、現在でも毎時10マイクロシーベルトのレベルにあります。この線量率は、文科省の測定方法を見ると外部被爆だけであって、規則に定める外部被曝と内部被曝の合計ではないと考えられます。
今後、内部被曝などを考えると、毎時数マイクロシーベルトの状態が2、3年は継続すると考えられます。
・・・・・・・・・
一方、福島市には、幼児や妊婦も生活しておられます。また、1時間だけの被曝量を言っても、その人たちは24時間ずっと生活をしているのです。たとえ屋内にいても換気をすればあまり差はありません。
放射線障害防止規則による妊婦の被曝量の限界は毎時約0.5マイクロシーベルトですから、私達専門家は福島県の東部の多くの市町村において、妊婦等の避難を勧告する立場にあるのではないでしょうか。
現在ではむしろ政府より放射線の専門家の方が「安全だ」ということを強調しているように見えますが、むしろ放射線の専門家は国際勧告や法律に基づいて、管理区域に設定すべきところは管理区域に設定すべきといい、妊婦の基準を超えるところでは移動を勧めるのが筋ではないかと思います。
その上で、政府や自治体がどのように判断するかというのは放射線の専門家の考えるところではないとわたくしは思います。
政治家やメディアでは「国民を安心させなければいけない」と言っていますが、現実に法律で定められた規制値を超えている状態を安全といい、それで安心していいというよりもむしろ、現実をそのまま伝えて判断を社会に任せるべきと思います。
・・・・・・・・・
また我々は学問的立場で考えていますので、各々の専門家に各々の考え方があることは十分に知っています。
わたくし自身が国際勧告のレベルは少し厳しいと考えている人間ですが、しかし、放射線防護に関する日本の法律も50年を経ています。その間、十分に検討を尽くされてきたのです。わたくしたちは原発問題とか社会問題とは切り離して、厳密に放射線と人体への影響を考えて発言していかなければいけないと思います。
特に核分裂生成物に汚染された土地は、長寿命半減期の元素によって線量率は直ちに下がらないと考えられます。このような場所に長く生活しなければならない子供たちのことも考えて発言をお願いしたいと思います。
・・・・・・・・・
むしろわたくしたちは、福島原発の事故がもたらす新しいこと、例えば東京のようなコンクリートとアスファルトで固まったところにどのくらいの残留放射線が残るかとか、福島第一、3号機のようにプルトニウムを燃料として用いている原子炉の放射性物質の影響等を至急検討する必要があると考えています。
・・・・・・・・・
2011年3月26日のあるテレビの番組を見ていましたら、今まで「安全だ」と断言していた人が「私の言っている「安全」というのは東京だけだ」と最後にご発言になったのに強い違和感を覚えました。
東京が人口も多く、重要なことはわかりますが、最も危険なのは福島県とその周辺であり、安全だと発言されるには福島県の人のことを考えなければならないと思うからです。
わたくしの経験では、原子力や放射線を扱っている方々は決して不誠実な人ではありませんでした。むしろ会議等を行っている時にわたくしは、皆さんが十分に考え放射線の身体に対する影響を少しでも減らそうと努力されていると思っていました。
その我々の専門家の雰囲気をぜひ思い出していただきたいと思っています。
(平成23年3月26日 午前9時 執筆)

武田邦彦

署名のお願い

拡散希望です。



郡山市HP


福島原発の「廃炉」を求める有志の会(要請書ダウンロード)

呼びかけ

緊急署名を呼びかけます

郡山市長の要請を積極的に受けとめ、ただちに福島原発10基の
「廃炉」を決めてください。
3月19日の午後、原正夫郡山市長が「廃炉」を訴えたことを、重
要な契機として生かさなければ、と思います。 もう一つは、
刻々、ヒバクの恐怖が、私たち市民にも襲ってくるかもしれないとき、
今までヒバクを前提として動かされていた原発に、
多くの関心を寄せなければ、と思います。

ぜひぜひ、この署名を広めるために、ご協力下さい。

★署名用紙
⇒ダウンロード(PDF)
送付先は署名用紙をご参照ください

★メール署名
送り先: fukushima.hairo@gmail.com
署名方法:上記アドレスに氏名(ハンドルネームは不可)、
住所を書いて送信して下さい。
識別のためメールのタイトルを「署名賛同」として下さい。

署名での個人情報の取り扱い
本署名、メール署名での個人情報は本署名行動のため以外には使用しないことを約束いたします。
メール署名でのメールアドレス等個人情報は署名行動終了後廃棄します。
提出日も提出方法もこれから検討します。

追って、ここにお知らせします。

取り急ぎ。

福島原発の「廃炉」を求める有志の会
連絡先:fukushima.hairo@gmail.com


とりわけ首都圏に住む私達は、ある意味で加害者です。

福島で作られる電気は福島では消費されず、首都圏で使われます。

深刻な事故の恐怖、放射能汚染を前に、地元が「そばに原発はゴメン だ!」という声をあげたことを、私達は重大に受け止めなければなりません。

放射能汚染の恐怖が、自分の身にも降りかかるかもしれないこの深刻な事態になって初めて、地元の人たちの気持ちを共有できる状況が生まれ ました。

いま、私達には「政府は地元の声を聞け!」という責任があると思いま した。

-------------
郡山市災害対策本部 本部長 原 正夫 郡山市長より のメッセージを転載(一部)

郡山市災害対策本部 本部長 原 正夫 郡山市長より


今回の災害にあたりましては、全国各地から温かいご支援をいただき、心から感謝と御礼を申し上げます。


郡山市民の避難状況につきましては、懸命な復旧活動の結果、当初の約1万人から約3千人に減少をしております。

しかし、原発の事故に伴い、県内各地からの本市への避難者数は、5,000人以上となっており、避難されてきた方々は、大変不便をしております。


特に、病気の方々に対しましても、本市の医療関係機関に懸命な対応をしていただいておりますが、医療品等に不足が生じつつある状況にあります。


大震災発生以来、私は、職員はじめ関係者の方々と市民の安全・安心の確保のため、全身全霊を持って対応してまいりました。



原発事故に関しましては、今日まで、国と東京電力の事故に対する対応のあり方について正確に情報を把握することができませんでしたが、本日の新聞報道を見て大変驚きました。

国と東京電力は、郡山市民、福島県民の命を第一とし、原発「廃炉」を前提に対応しているものと考えておりましたが、国・東京電力は、今後の産業・経済を優先し、「廃炉」を前提としたアメリカ合衆国からの支援を断ったことは言語道断であります。



私は、郡山市民を代表して、さらには、福島県民として、今回の原発事故には、「廃炉」を前提として対応することとし、スリーマイル島の原発事故を経験しているアメリカ合衆国からの支援を早急に受け入れ、一刻も早く原発事故の沈静化を図るよう国及び東京電力に対し、強く要望すると同時に、この件に関し、海江田経済産業大臣に直接電話で要請いたしました。

また、佐藤県知事、佐藤県議会議長及び渡辺いわき市長などと電話連絡をとり、市民あげて、さらには県民の方々と一緒に国と東京電力に強く訴えたいと思います。

お集まりの報道機関の皆さまにおかれましては、この趣旨をご理解いただき全国民の皆さまに、さらには、全世界の皆さまにこのメッセージを報道していただきますようよろしくお願いいたします。

日本の真の色が光るように

日本の真の色が光るように
ぜひ、この記事を読んでみてください。
少々長い記事ですが、事の発端から海外のメディアの様子が良くわかります。

笑顔

yura_ph.jpg
yuraさんという方の、作品です。

日本平音楽祭~頂~というお祭りの写真。
はこちら。

私は左上のKeisonというアーティストが好き。
歌は、サーフロックな雰囲気と、フォークな感じもあったり・・・・声はしっかりとした
粗野な、でもこころに沁みる歌声。

KeisonオフィシャルHPはこちら。


ほんと、この人はいい笑顔。
すこーんと抜けた、子供のような。
自分を知ってて、強さがあって。


思わずこっちも笑っちゃうよね。


人って、大人になっていって色んな守るものが増えて、
自分の好きに生きられなくなってくる時がある。
選ぶ人は、その時点で色んなものを選ばず、「何か」を選ぶから
こんなに潔い顔になるのかなー。





今月10日(日曜)、11:00~18:00 神戸シェラトンホテルにてフラ&ハワイイベントがあります。
私は心強い助っ人2人と、マナカードにて出店。
Naluちゃん力作の、ヘアクリップも限定発売。
ロミ仲間もブースを出します^^
どうぞ皆さま、遊びに来てくださいね~^^

前売り¥2.500- 当日¥3.000- ¥500-分のチケットつき。
神戸シェラトン フラエキシビション&アロハマーケットはこちら。

平和的解決法・・・・・チベットと日本

聖火リレーの拠点になっている長野県の善光寺が
今悩んでいるらしく、抗議やリレ反対の電話が入ることにより、断る理由となるとのことです。



チベットではもう既に多くの人が殺されました 。
中国の政策ではもう既にチベット人同士で結婚できないのです。
少数民族を抹殺する政策なんてこの国際社会でナンセンスです。


チベットに平和を ・・・・・・・


以下コピペです。


Operation Zenkoji 4.26
http://www8.atwiki.jp/zali/pages/65.html
善光寺作戦、開始されました
聖火リレーの日本の出発点、善光寺がこのままで良いのか迷っています
皆さんの声やメッセージを求めています(多ければ多いほどいいらしい)

というのがきっかけです。要は善光寺&長野関連に抗議の意を示そう、ということ
他のトピックから「専用トピックにしては?」という声がありましたのでたてます

簡単な経過↓

○善光寺についての2ch書き込み
聖火リレーを引き受けたのは東京オリンピックからのご縁があるからで、引き受けたのは昨年暮れ
その後にチベット問題が表面化して善光寺側も大変憂慮している
で、本当にそれでいいのか近々会議を行う
たくさんの電話がすでにきており、それを真摯に受け止めているとのこと

善光寺事務局
〒380-0851長野県長野市元善町491
TEL 026-234-3591(代)

○更に以下のような情報も入る
抗議電話を理由にJOCに数字見せて断るらしいから。
かければかけるほど良い。
うちの住職は「中国の五輪運営委員会がJOCすっとばして電話来て困る」
っていう話をしてた

○つまり、今みんなが声を集めることで聖火リレーに「公式に」NO!と言えるチャンスなのです
なんとなく五輪へ突入し、チベットのことが忘れられそうな、このムードをひっくり返せるかもしれません
ご協力お願いします

連絡抗議先一覧
* 善光寺事務局
〒380-0851長野県長野市元善町491
TEL 026-234-3591(代)

* 長野市長(秘書課)
電話:026-224-5001 FAX:026-227-1302
kouhou-kouchou@city.nagano.nagano.jp

* 長野市体育課
電話:026-224-5083 FAX:026-224-7351
taiiku@city.nagano.nagano.jp

* 長野市聖火リレー実行委員会(名称は違うかも)
電話:026-228-3958
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。